沖縄ダイビング・シュノーケル情報

沖縄ダイビングとシュノーケル情報まとめサイトならココ! - 沖縄ダイビング・シュノーケル情報

沖縄ダイビング・シュノーケル情報

grsrgea
 沖縄に行ったらマリンスポーツ。マリンスポーツをするなら沖縄青の洞窟。透明感のある海の中に入り込めば、そこは別世界。

 はじめてのダイビングやシュノーケリングを沖縄で体験する人も多いようです。

 美しい海の中を潜ってみれば、青の世界が広がっていて、色鮮やかな魚やサンゴが私たちをまっています。かわいい魚たちときれいなサンゴに囲まれて、日頃の疲れを癒してください。

ダイビング

 シュノーケリングでは味わえない、海の世界を本格的に味わうことができます。ライセンスを持っていなくても参加が可能な体験ダイビングのツアーもあるので、未経験者でも楽しめます。

 ダイビングを楽しむには、天候を見極め、どのダイビングショップを選ぶかも重要です。初心者向け、小さな子供のいる家族向け、ライセンス講習のあるもの、潜る場所など、ダイビングショップによって売りにしている物は異なります。事前調査をしっかり行ってから参加するようにしましょう。

 水の中にいる時間が長いため、体温を保つためにウェットスーツやドライスーツの着用が必須になります。マスクやフィンなど必要な道具が多くありますが、購入するのが難しい場合、機材も含めて現地でレンタルすることも可能ですので、心配はいりません。

 おすすめに挙げるとしたら、やはり真栄田岬にある青の洞窟は欠かせません。ツアーや体験ダイビングも様々なものがあり充実しているので情報量も多いです。初心者なら他には本島の北谷の海や奥納村のナカユクイ、渡嘉敷島のアリガー、石垣島のリトルサンゴパラダイス、川平石崎マンタスクランブルがおすすめです。

シュノーケリング

 ダイビングほど本格的ではなくても、気軽に海中の世界をたのしみたい方にはシュノーケリングが最適です。透明度の高い沖縄の海は、遠くまで見渡せる上に、魚たちがすぐ近くまで近寄ってきてくれるので、シュノーケリングでも十分に海中の世界を堪能することができます。

 ゴーグルやシュノーケル、フィレなどは現地でレンタルすることができるので、タオルや水着など必要最低限の準備で参加することも可能です。購入する際には、下調べをしたり、お店の人など専門の知識をもった人に意見を聞いたりして自分にあったものを購入しましょう。

 シュノーケリングには、ビーチから海に入っていく「ビーチ出発」と、ボートでポイントまで行って海に入る「ボート出発」があります。初心者には「ビーチ出発」がおすすめですが、「最初から足のつかない海でも大丈夫」という人や、ダイビングの経験がある人には「ボート出発」がおすすめです。

 人気のシュノーケリングスポットは、本島なら真栄田岬の青の洞窟やビーチインリーフ、宮古島の与那覇前浜、水納島の水納ビーチ、竹富町のコンドイ浜、瀬底島の瀬底ビーチ、古宇利島の古宇利ビーチなどがあります。

アクセス・時期

 ポイントとして紹介されているところではほとんどが駐車場やシャワー室が完備されています。現地についてからレンタカーで向かう人が多いようですし、ツアーに参加する場合は、駐車場が集合場所になっていることが多いようです。

 沖縄では天気さえよければほとんどの季節が参加可能です。
 

沖縄の海

 本島や周辺の海とは透明度が違います。海の色が違います。訪れたなら、体験しなくては、もったいないです。本格的に海の世界を味わいたい人はダイビングを。ダイビングにも挑戦したいけれど、まずはシュノーケリングから、という人も。小さなお子さんでも体験できます。
 美しい海の世界を見に来てください。
沖縄青の洞窟ダイビング&シュノーケルツアーガイド|沖楽(おきらく)